旅ブログ~メキシコ編⑤~

Hey guys!!

 

現在グアテマラは、超絶怒濤のお祭り期間。

街が盛り上がっていると同時に犯罪も増えております。

僕が今滞在しているサンペドロ周辺でも、「山賊」という種類の生き物が生息しているので、走るときには細心の注意をしなくてはいけまどーも僕です。


f:id:MAROU:20170915082912j:image

色鮮やかな花たちが霞むほど色鮮やかな民俗衣装のおっちゃん。

 

なかなかリアルライフとブログのタイムラグが埋まりませんが、メキシコ編もいよいよ最終回。

間にキューバが挟まってしまいましたが、カンクンでの旅をまとめて一気にどーん。

 

世界有数のビーチリゾート、カンクン

その名に違わぬ美しい海、でしたが、それでもやっぱり沖縄の新城島周辺の海の方が綺麗だと思いました。


f:id:MAROU:20170915091300j:image

とりあえず定番の場所でデカい態度。

f:id:MAROU:20170915091239j:image

泳がず。見ーてーるーだーけー。

 

あ、ちなみにカンクンはかなり都会なので、買えない物はないですが、物価は高いです。

特にホテルエリアと呼ばれる、高級ホテルが立ち並ぶ場所は、僕のような山猿髭坊主には手が届かないようなお店しかないのですが、そういう店で1杯1,500円以上するラーメンとか食べちゃう人はあっち行ってください。

さて、カンクンから船で30分ぐらいの所に、イスラ・ムヘーレスという小さな島があり、日帰りで帰ってこれるということだったので、行ってみることに。


f:id:MAROU:20170915090454j:image

f:id:MAROU:20170915092210j:image
f:id:MAROU:20170915092250j:image
f:id:MAROU:20170915092321j:image

小さな島なので、レンタルゴルフカートがあり、それで島をまわる人が多いのですが、僕は自転車でまわりました。

途中ランチで立ち寄ったキューバ人オーナーが営むメキシコ料理カフェが面白くて、最初料理を待っていると、近くの席に座った真っ黒な肌の片足のないごついおっさんがこちらを見ていて少し恐かったのですが、実はその人はこの店のオーナーで、僕がキューバに行くことを知るとニカッと笑って握手してきました。

店のマスターはインド人で、スペイン語が得意ではなく、英語が多少通じる僕と話せることが嬉しかったらしく、聞いてもいないのに色々話してくれました。

彼はインドから出稼ぎに来たものの、メキシコでは給料が安いので、3ヶ月後にカナダに引っ越すとのこと。

ちなみに奥さんはメキシコ人。

なんともインターナショナルなランチとなりました。

イスラムヘーレスはそんな感じでさらっと見終わり、翌日はグランセノーテへ。


f:id:MAROU:20170915093607j:image
f:id:MAROU:20170915093631j:image


入場料高いし、思ったより狭いし、日本人ツアー客も後からどんどん来て、個人的にはあんまりだったかな。

その後、海のすぐそばにあるトゥルム遺跡へ。


f:id:MAROU:20170915094037j:image
f:id:MAROU:20170915093952j:image

まぁここも悪くはなかったけど、僕的にはわざわざ行くほどの価値はないかなって感じです。

 

カンクンでは色々あって(説明するとほんとに長いので省略)メキシコ人のお宅へお邪魔させてもらい、晩御飯をごちそうになったりもしました。


f:id:MAROU:20170915094355j:image

 

あとカンクンに来たら外せないアクティビティの一つが、チチェン・イッツァ遺跡。

正直テオティワカンで少しがっかりしてしまったので、ほとんど期待ゼロで行ったのですが、これがなかなか良かったです。


f:id:MAROU:20170915083311j:image

名前忘れたけどメインのピラミッド。

 

このピラミッド、四方の階段はそれぞれ91段あり、一番上の段を合わせて365段(一年の日数)になっているそうです。

そして一番驚いたのが、このピラミッド、中が空洞になっていて、中に一回り小さい同じ形のピラミッドが入っているらしい!

これはちょっとびっくりです。

 

f:id:MAROU:20170915083928j:image

f:id:MAROU:20170915084004j:image
f:id:MAROU:20170915084030j:image
f:id:MAROU:20170915084105j:image

そしてこの遺跡でピラミッドの次にみんな見るところがここ。


f:id:MAROU:20170915084254j:image

これはかつて行われていたスポーツの競技場。

両側の壁の外側に観客席。

真ん中のスペースが選手ゾーン。

そしてこれがゴール。

f:id:MAROU:20170915084212j:image

この小さな穴にボールを入れるらしいのですが、細かいルールは聞いたけど忘れました。

印象に残っているのが、「勝った方のチームのキャプテンが生け贄として神に捧げられる」というルール。

 

 

 

勝ちたくねーー!!!

 

勝ったら殺されるってどんなルールだよ!って感じですよね。

当時は生け贄になることが幸せだったんでしょうか?

僕はこの時代のこの地域に生まれなくて良かったです。

 
f:id:MAROU:20170915084238j:image
選手達が競技を行う様が壁に彫られている。

 

発見当時、ここはかなりジャングルの中に埋没していたらしいので、最初にこの遺跡を発見した人は本当に驚いたでしょうね。

もしかしたらテンション上がりすぎて発狂しちゃったかもしれません。

ちなみに僕はパタゴニアに行ったらテンション上がりすぎて発狂する自信があります。

 

チチェン・イッツァの次に向かったのは、割と近くにあるセノーテイキル。

絶景本などの写真ではここが使われていることが多いと思います。

僕が行ったときの写真がこちら。


f:id:MAROU:20170915085515j:image
f:id:MAROU:20170915085626j:image

うーん。

天気が悪かったこともありますが、微妙ですね。

これを見たとき僕の頭の中には、「はっはぁ!見ろ!人がゴミのようだ!!」というムスカ大佐の台詞が思い浮かびました。

 

カンクンの後、元々はパレンケというところから、グアテマラのフローレスという街に入る予定だったのですが、なんか気が変わって、いきなりサンペドロラグーナという田舎の街でスペイン語を勉強することにしました。

その為、一度訪れたメキシコのサンクリストバル・デ・ラスカサスという最高な街に戻り、そこからバスでグアテマラ入りすることになりました。


f:id:MAROU:20170915095052j:image

まさかまた戻ってくるとは思ってなかったサンクリストバル。


f:id:MAROU:20170915095135j:image
f:id:MAROU:20170915095154j:image

同じ宿の外国人に誘われて行った怪しげなBBQパーティーで、ドイツ人、メキシコ人と、人生についてとか、国際化についてなど、なぜかメチャクチャ深い話をしました。

他にも、宿で会ったニュージーランド人の女性が、少し前まで日本のサントリーで働いていたらしく、僕が学生時代住んでいた川崎市のローカルトークで盛り上がったりしました。

彼女は日本食が恋しいと言っていて、日本人としては少し嬉しかったですね。

 

さてさて、カンクン編は大分色々ぶっこんでしまいましたが、ようやくメキシコ編が終わり、次回からは4ヶ国目のグアテマラ編!

サードワールド事情、スペイン語の勉強など、興味深い話が書けそうなので、乞うご期待!

 

それではまた!

See you soon!!

 

旅ブログ~キューバ編③~

Hey guys!!


f:id:MAROU:20170911094639j:image

 

1ヶ月前にキューバから日本に送った荷物がいまだ届いていませんが、2ヶ月ぐらいは普通にかかるという情報を聞きつけたので、もう少し待っどーも僕です。

ちなみに今滞在しているグアテマラは、昨年から郵便システムが停止していて、荷物やハガキは一切送れません。

すごいですよね。今21世紀ですよ?

 

さぁいよいよキューバ編最終回となりました。

今回は内容盛り沢山でいきます。

まずは前回ブログで紹介した、キューバ第2の都市サンティアゴ・デ・クーバから、バラコアという都市へ。

バラコアは位置的には西のハバナからかなり離れた東の果ての方にあるので、あまり観光客は多くないのですが、実はここでやりたいことが2つほどありました。

1つはフンボルト国立公園に行くこと。

もう1つはユンケ山というテーブルマウンテンに行くこと。

フンボルト国立公園は珍しい動植物が数多く生息しているエリアで、ドイツやオーストラリアからそっち系の研究者達も訪れるそうです。

ここはツアーに参加しないと、個人では行けないことになっているので、アジア代表としてヨーロッパ人達に混ざって参加。

 

f:id:MAROU:20170911092230j:image

こんなのがいます。


f:id:MAROU:20170911092256j:image

ブタのケーツー。


f:id:MAROU:20170911092405j:image

暑い。途中ガッツリ川を渡るところも。


f:id:MAROU:20170911092457j:image

帰りにツアーの車がビーチに寄って、1時間フリータイムと言われたのですが、ご存じの通り僕は海水浴にあまり興味がないので、ビーチの近くをぶらぶらしていました。

すると近くの小屋の裏で豚の丸焼きを作っているオヤジと仲良くなり、ラム酒を飲まされました。


f:id:MAROU:20170911092528j:image

奥でまるごとの豚を焼いてる。

 

正直思っていたより変わった虫や植物を見ることはできませんでしたが、なかなか良いトレイルを歩けて楽しかったです。

ほんとは走りたかったけど。

 

翌日はユンケ山へ。

ここはバラコアから走って行けそうだったので、灼熱のカリブロードを激走。

f:id:MAROU:20170911092717j:image

あいつがユンケ山だ!

 

ベネズエラにあるギアナ高地の100万分の1ぐらいの大きさのテーブルマウンテンを目指します。

途中浅くて広い川を渡るところで、地元の人達が老若男女問わず水浴びしていたので、僕も便乗して泳いだのですが、近くでおばさま方が牛だか豚の腸とか内臓を洗っていました。


f:id:MAROU:20170911092745j:image


f:id:MAROU:20170911092815j:image

カカオ。


f:id:MAROU:20170911092838j:image

巨大ヤスデ


f:id:MAROU:20170911092858j:image

山頂からの眺め。


f:id:MAROU:20170911092921j:image

三角点的なのもありました。

 

バラコアでは山にも行けたし2モネダアイスの店やってる兄ちゃんと仲良くなって買う度にハイタッチしてたし、充実した3日間になりました。

そしてバラコアからハバナまでバスで戻るのが遠すぎて、悪名高いクバーナ航空でハバナまで飛ぶことに。

メキシコみたいに適なバスだったら30時間でも乗ってられるんですけどね。


f:id:MAROU:20170911092949j:image

クバーナの小型機。出発時間30分過ぎてても急ぐ素振り無し。

 

飛行機が離陸したときと、無事に着陸したときに乗客が拍手するのは逆に恐いのでやめて欲しいですね。

キューバ人よ、無事に離着陸して当たり前だから。

ハバナからはバスで西の観光地、ビニャーレスへ。

ちなみにハバナ空港からバスターミナルまでは距離があるのですが、もう慣れたもんで1モネダ(5円ぐらい!)のバスに乗り、問題なくサラリと移動してやりましたよ。

 

f:id:MAROU:20170911093027j:image

ビニャーレスの谷。

 

ビニャーレスは、風の谷のナウシカっぽい感じが、全然しないんですけど、なんか風の谷って感じがして良い風景でした。暑かったけど。


f:id:MAROU:20170911093101j:image

有名な壁画。


f:id:MAROU:20170911093118j:image

アップだとこんな感じ。

 

ちなみにこの壁画の前にゲートがあって、壁画の真下まで行くのには300円ぐらいとられるので、僕は行きませんでした。

別に離れたところからでも全然見えるし。


f:id:MAROU:20170911093220j:image

 

f:id:MAROU:20170911093244j:image

キューバの家は必ずと言って良いほど、玄関先かテラスにロッキンチェアがあり、よくおばあちゃんとかがロッキンチェアに揺られながらお喋りしているのを目かけました。

僕も、ビニャーレスで泊まったカサでロッキンチェアに揺られていると、

 

f:id:MAROU:20170911093303j:image

乗ってきました。

 

ビニャーレスはハバナから近いこともあり、観光客に人気のスポットとなっています。

他の旅人のブログやSNSで、ビニャーレスは他の街にあるような、安いピザ屋とかないですなどと書いてあったが、ちゃんと探せばいくつもあります。

でもほんとに分かりずらいので、ほんとにちゃんと探さなきゃ見つからないです。


f:id:MAROU:20170911093412j:image

これ、ピザ屋です。オープン中。


f:id:MAROU:20170911093435j:image

注文してから焼いてくれるので、カリカリで美味い。


f:id:MAROU:20170911093508j:image

トレイルも忘れずにね。


f:id:MAROU:20170911093554j:image
牛と太陽光パネルと木の枝で作った台。バランスおかしい。

ビニャーレスでは乗馬体験も安くできるのですが、やっぱりここでも走った方が速いのと、遠くまで行けるので、乗馬はやらずに走ってら周りました。


f:id:MAROU:20170911165614j:image

 

キューバは合計16日間滞在しましたが、もう1週間ぐらい長く滞在しても良かったかなと思うぐらい、盛り沢山な旅になりました。

アメリカとの国交断絶解除によりどんどん変わりつつあるキューバ

この先どう変わって行くのか、数年後にまた訪れてみたいですね。

 

ちなみにキューバでは、中国製の電動スクーター利用率が高く、街を歩いていると音もなくバイクが後ろから追い抜いていくので最初少しびっくりします。

クラシックカーと馬と電動スクーターが混在する不思議な国キューバ

キューバの後は再びメキシコのカンクンに戻って、やり残したチチェンイッツァ遺跡を訪問。

 

次回はメキシコ編の最終回記事をアップします!

それではまた!

See you soon!!


f:id:MAROU:20170911171804j:image

 

旅ブログ~キューバ編②~

Hey guys!!


f:id:MAROU:20170904061746j:image
 

 「世界一美しい湖」なんて誰が言ったのか、ただの湖アティトランで、久々にカヤックをしました。カヤックレンタル2時間で25ケツァーレス(375円)

スペイン語学校に通いはじめてから最初のお休みですが、宿題にブログの更新にパタゴニアキャンプサイトの予約と、やること満載野村萬斎どーも僕です。

野村萬斎を知らない人にはまったく通じないオヤジギャグもきまったところで、キューバ編パート2です。


f:id:MAROU:20170904061823j:image

アティトラン湖には「亀」がいます。

 

マルさんのおかげで充実したハバナライフを送った後は、トリニダーという街へ。

街全体が世界遺産になっているらしいですが、なんか世界遺産とかもう行きすぎてどうでもよくなってきました。

トリニダーではこれといって目的もなく、宿で仲良くなった他のゲストや宿主のレオと釣りに行ったり、普通はホーストレッキングで行くコースに一人で走りに行ったりしてました。


f:id:MAROU:20170904062433j:image

キューバのお金のデザインにもなっているトリニダーの街。


f:id:MAROU:20170904063009j:image

トリニダーでは30秒に1回は馬車とすれ違う。

f:id:MAROU:20170904062921j:image

みんなでタクシーに乗り込んで…

 
f:id:MAROU:20170904063240j:image
釣り。といっても竿はなく、糸を手で手繰り寄せる方式。貝もゲット。


f:id:MAROU:20170904063351j:image

めちゃくちゃ綺麗なので潜って銛で突いた方が早いんじゃないかと思う。

 

釣りの後はみんなで泳いだのですが、そういえばこの旅始まって海で泳いだのは初めて。

次に海に入るのはガラパゴスかな?


f:id:MAROU:20170904063701j:image

別の日。山に行く途中牧場らしき所を突っ切る。のどかだけど、暑い。


f:id:MAROU:20170904064035j:image
途中、ホーストレッキングの連中を100人ぐらい抜く。


f:id:MAROU:20170904064137j:image

やっぱり僕は海よりこれ!

 

トリニダー、良い街だったな。

至るところで馬の糞の臭いがすることを除けば。

そして、トリニダーの次に訪れたのは、サンティアゴ・デ・クーバという、かつてキューバの首都だった都市。

が、バスの到着が遅れて、サンティアゴに着いたのが夜の10時過ぎ(ちなみにトリニダーを出たのは朝の8時)

この時点で特に泊まるカサを決めていなかったので、泊まる場所を探して閑散とした夜の街を30分ほど徘徊しました。


f:id:MAROU:20170904064352j:image

キューバの中では2番目に大きな都市、と言っても夜はこんな感じ。

 

夜遅くに飛び込みで泊めさせてもらったのに、次の日の朝食をしっかり用意してくれるのはキューバのカサのすごいところ。

まぁそんなに安くはないんですけどね。


f:id:MAROU:20170904065559j:image

フルーツ盛りだくさん!


f:id:MAROU:20170904070320j:image

サンティアゴでは、入れ物を持っていけば6モネダ(25円ぐらい)でビールを355ml入れてくれるローカルの店があって、20モネダ(80円ぐらい)のチキングリルと、10モネダのピザとビールを買って、この旅で最安ぐらいの食事にありつけました。


f:id:MAROU:20170904070405j:image

10モネダ(40円)ピザ。シンプルだけどちゃんとオーダーしてから焼いてくれるのでかなり美味い。

 

また、サンティアゴの街の近くには、コブレという小さな小さな村があり、そこの教会がちょっとした観光スポットになっています。

文豪ヘミングウェイの小説「老人と海」の中で、「この魚が釣れたらコブレの聖母寺に捧げる」とかなんとか書いてあるらしく、ヘミングウェイの授賞したノーベル賞のメダルがこの教会に保管されているとのこと。

というわけで、サンティアゴの街からタクシーに乗って行ったのですが…


f:id:MAROU:20170904071338j:image

 

まさかの短パン禁止で中に入れなかったー!

しかもタクシーはもう行ってしまって、他のタクシーも見つからず。

ヒッチハイクも捕まらず、結局滞在10分で来た道を走って帰りました。

灼熱のカリブで炎天下15kmはきついっす。

ほんとはこの後、またタクシーに乗って海の方にある要塞に行く予定でしたが、もう要塞とかどうでもよくなって帰ってビール飲んで寝ました。

 

旅をしていると「みんなはお薦めしてるけど俺は興味ないな」とか、「他の人は興味ないみたいだけど、ここに来てここ見ないの!?」とか、自分の価値観を改めて発見できる機会が多いので面白いですね。

 

 

さーて、次回のサザエさんは~?

ではなく、次回のブログではキューバ編最終回をお届けします。

 

それではまた!

See you soon!!


f:id:MAROU:20170904071641j:image

 

旅ブログ~キューバ編①~

Hey guys!!

 
f:id:MAROU:20170825111223j:image

 

約2週間ぶりに3ヶ国目のキューバからメキシコに戻って参りました。

キューバではよく食べ、よく走り、よく「子」を見ました。子馬、子牛、子豚、子山羊、子犬、子猫、子鶏…。…子鶏?

他の動物の子供は動物名の前に子がつくのに、鶏の子供はなぜ「ひよこ」なんどーも僕です。

 
f:id:MAROU:20170825111309j:image
3匹の子牛にガンとばされ中。

 

どうでもいい情報ですが、キューバの首都ハバナから、日本に段ボール1箱分(約7kg)の荷物を約770円で送りました。

キューバの国際郵便の安さは世界一じゃないでしょーか?

ちなみにメキシコから同じ荷物を送ったら多分10倍以上の料金とられます。

あとはちゃんと届くことを祈るのみ。

 

さてさて!久しぶりに50年前から現代にバックトゥザフューチャーした気分です。

キューバと言えばクラシックカーが街中を走る風景が有名ですが、建物はクラシックを通り越してほぼ廃墟。

日本人的な考え方をすると、大地震がきたらほぼ壊滅するんじゃないかと心配になるほどです。


f:id:MAROU:20170825114834j:image

ハバナ旧市街。

 

そんなキューバでは、まず最初に首都のハバナに訪れたのですが、泊まったカサ(キューバはカサと呼ばれる民泊が一般的)で知り合ったマルさんというお兄さんが凄まじく面白い人で、独特なキャラと、キューバのことにめちゃくちゃ詳しいマルさんに、僕は3日間お世話になりっぱなしでした。


f:id:MAROU:20170826003242j:image

 

キューバでは買い物のシステムも他の国とはだいぶ違っている上に、売っている物もかなり限られているので、何の情報も無しに行ってしまうとけっこう大変な旅になります。

僕は運良くハバナでマルさんに出会えたことと、次のトリニダーでも日本人の旅行者と情報交換できたので、楽しいキューバ旅となりました。 

f:id:MAROU:20170825225317j:image

ハバナ滞在中ほとんど行動を共にしていたマルさん(真ん中)とTさん(左)

 

キューバと言えば有名なのが、チェ・ゲバラヘミングウェイ

ゲバラは国中の至るところで壁画やお土産用のTシャツとして登場します。

ちなみに今「T」と入力したら予測変換で「T.M.Revolution」が出てきた僕のケータイです。


f:id:MAROU:20170825234553j:image

ゲバラとSUZUKIの「SAMURAI」のコラボレーション

 

ヘミングウェイが通ったバーなんかもあり、そういうところは外国人観光客の集まるスポットになっています。


f:id:MAROU:20170826003342j:image

f:id:MAROU:20170825235828j:image

 

そしてキューバを旅する際に一番気を付けなくてはならないのが、キューバは二重通貨制であるということ。

観光客が主に使うCUCと、地元民が主に使うCUP(通称「モネダ」)の二種類の通貨が存在しており、店も多くは観光客用と地元用で区別されています。

当然観光客用は高く、地元民用は安いのですが、お金を持っている観光客が地元民用の安い店で物を買うのは、モラル的に少し控えた方が良いそうです。

とはいえ、観光客用の店ではかなり値段を「ぼっている」ところも多く、日本よりも高い値段設定になっている店や物も見受けられました。

 

f:id:MAROU:20170825235943j:image

 

こちらはマルさんに連れていってもらった地元民に人気の立ち食い飯屋。

看板も何もないので普通の観光客が外から見ても絶対にわかりません。マルさんに恐るべし。

そして写真のご飯は30CUP(120円ぐらい)で、僕がお腹いっぱいになるぐらいのボリューム!そして衝撃的な美味さ!

キューバ料理はご飯が主食らしく、日本人としては下手に観光客向けの洋食屋とか行くより、地元の飯屋に行った方が安い、美味い、多い飯が食べられます。

キューバでは基本的に1食の量が多く、毎食お腹いっぱいになるまで食べてました。

そして極めつけはアイス。


f:id:MAROU:20170826000521j:image

こちらは2CUP(9円ぐらい)

 

普通に美味しいアイスが灼熱のキューバでは10円~20円で食べられるので、アイス好きじゃなくてもハマってしまうこと間違いなし。

そしてもう一つ、僕がキューバでハマったものがこちら。


f:id:MAROU:20170826001204j:image

ヘミングウェイも好きだったというダイキリ

キューバに来たら本場のモヒートを飲もうと意気込んでいたのですが、モヒートよりもダイキリの方が全然美味しかったです。

ちなみに僕の中でのベストオブモヒートは、フィリピンのセブ島で飲んだときのもの。

本場だから美味いっていうわけでもないんですね~。

ただキューバではHAVANA CLUBという本物のラム酒の美味しさに感動しました。


f:id:MAROU:20170826002339j:image

キューバは葉巻とラム酒が名産品。

どこに行ってもラム酒だけは簡単に手に入る。


f:id:MAROU:20170826002756j:image

馬車とクラシックカー

 

馬車は観光客向けだけでなく、普通に現地の人のタクシーとしても使われています。

なので、街の至るところに馬のウ○コが落ちていて若干臭います。

さすがにハバナではほとんど見ませんでしたが、他の田舎町はけっこうウ○コだらけでした。

 

さてさて、次回はハバナを離れ、トリニダーという街に移動してからの楽しかったことについて。

リアルタイムでは私、明日(8月26日)から4ヶ国目のグアテマラへ移動予定。

グアテマラでは南米に入る前に、スペイン語を勉強します。

 

それではまた!

See you soon!!

 

旅ブログ~メキシコ編④~

Hey guys!!

 

さてさて現在(2017年8月3日)は、メキシコ東部の世界屈指のビーチリゾート、カンクンに来ております。これまで標高2,000mぐらいの街に滞在してきたので、一気に海まで降りてきて酸素濃度がどーも僕です。


f:id:MAROU:20170804132414j:image

 

いやそんなに酸素濃度変わらないですけどね。2,000mぐらいじゃ。それより暑いです。

 

というわけで最高の街、サンクリストバル・デ・ラスカサスのこと、と、ちょっとだけ今後の予定について。

前回の投稿でも書いた通り、最高の街に最悪の体調で訪れてしまったわけですが、宿からソカロ(街の中心)まで徒歩で10分という近さと、ちょうど街がフェスティバルで盛り上がっている時期に来たということもあって、2日目からはあまり動き回らずにのんびりと過ごしました。


f:id:MAROU:20170804132529j:image

教会に向かって延びる階段。

 

ほんとは近くの滝や渓谷に行くアクティビティツアーの会社なんかもいっぱいあって、1日ぐらいはそれに参加したかったのですが、まぁ自然系はアメリカで存分に楽しんだし、南米でも嫌というほど楽しむし、何より体調もアレなので特に後ろ髪引かれることもなく。

こんなにのんびりダラダラ過ごすのは、この旅初めてのことでした。


f:id:MAROU:20170804132929j:image

メキシコって暑いイメージだけど、けっこう冬物も多く売られている。

 

f:id:MAROU:20170804133014j:image

街のあちこちで人だかり。


f:id:MAROU:20170804133210j:image

なんて平和で素敵な街だったのだろう。

 

もちろんここでも、ほぼ地元民だけが集まるメルカドへ。


f:id:MAROU:20170804133442j:image

胃の調子が悪くても果物は食べたくなる。


f:id:MAROU:20170804133552j:image

なんかすごい感じのやつが売られてた。


f:id:MAROU:20170804133817j:image

日本じゃ見ない売られ方ですね。

ただ、グアナファトやオアハカに比べると、ヨーロッパ系のお金持ってそうな観光客が多く、つまりそういう街では貧富の差が生まれやすく、物乞い的な人も多く目にしました。

レストランなども、これまでの街よりお洒落で高そうな店が多く、もしかするとどんどん貧富の差が開き、治安が悪化するのかもしれません。

そういう意味では日本の安全さは驚異的ですね。


f:id:MAROU:20170804135541j:image

セントロから少し離れたところ。野良犬多すぎ。


f:id:MAROU:20170804135619j:image

悟空…?てかエイリアンの着ぐるみが、「ごっつ」思い出す。


f:id:MAROU:20170804135749j:image

この移動販売のストロベリージェラートが美味すぎて感動。

 

そんなこんなで僕にとって静養の地となったサンクリでの3日間はあっという間に過ぎ、世界中のお金持ちが集まるカンクンから、明後日にはついこの前まで社会主義国家だったキューバに移動します。


f:id:MAROU:20170804140859j:image

この海の先にキューバが。

 

キューバでは無料のWi-Fiというものがなく、安くないお金を払ってWi-Fiカードを買い、ごくごく限られた場所でしかWi-Fiが使えないため、実質的にはほぼネットが使えない状況になります。

キューバにはこちらの時間で5日から20日まで滞在予定なので、次のブログ更新は恐らく21日以降となります。

というわけで、今まではなんとかほぼリアルタイムでブログをお届けしてきましたが、ここからしばらくは、実際の旅とブログにタイムラグが生じますことをご了承ください。

キューバの後はグアテマラにしばらく滞在してスペイン語を習う予定なので、その時にでもまたリアルタイムに追い付くようにブログを進めて行きますね。

 

それではまた!

See you again!!


f:id:MAROU:20170804141507j:image

旅ブログ~メキシコ編③~

Hey guys!!

 

現在、メキシコの南部、サンクリストバル・デ・ラスカサスどーも僕です。

というわけでサンクリの前の街、オアハカでの天国と地獄の記事を、盛り沢山でアップ致します。へへっ。


f:id:MAROU:20170729115031j:image

メキシコシティからバスで約6時間。

もはや6時間のバス移動など短いと感じるようになってきました。

ちなみに今いるサンクリストバルから次の目的地カンクンまでは22時間らしいです。

さてメキシコシティからやってきた僕を快く迎え入れてくれたオアハカは、なんと1年で最大の祭典「ゲラゲッツァ」の真っ最中。

ソカロ(街の中心のこと)や大通りには様々な露店が立ち並び、歩いているだけでテンションが上がります。


f:id:MAROU:20170729120131j:image

メルカド


f:id:MAROU:20170729120446j:image

これ全部違う種類の唐辛子。


f:id:MAROU:20170729120534j:image
イナゴ?の佃煮。普通に美味しくてご飯欲しくなった(笑)


f:id:MAROU:20170729120852j:image

メキシコ人て果物にまでチリソースかけて食べちゃうんですよね。


f:id:MAROU:20170729120956j:image

オアハカチーズ。ロープ状のチーズを丸くまとめて売ってる。


f:id:MAROU:20170729121156j:image

チーズと並び、オアハカではチョコが有名。

 

最後の写真の通り、オアハカでは様々な種類のチョコやカカオそのままを計り売りしているのですが、チョコと言っても食べるのではなく、チョコラテと言って溶かしてドリンクとして飲むのが一般的。

ちなみに多くのカフェでチョコラテが売っているのですが、店によって日本人の口に合うものと合わないものがあります。

いくつか飲んで僕が美味しかったのは、多分オアハカで一番有名なお店、MAYORDOMOのCHOCO MIO。


f:id:MAROU:20170729121600j:image

冷たくてゴクゴク飲んじゃう。

 

お値段20ペソ(約120円)と、メキシコの物価としては安くはないドリンクですが、オアハカに行ったら飲む価値あります。美味いです。

 

そしてオアハカでのドリンクと言えばもうひとつがこちら。


f:id:MAROU:20170729122014j:image

 

テハテという謎のドリンク(笑)

露店で大きな鉢に入れられて売っているのですが、ご覧の通り、溶けきらない粉のようなものが浮いていて、若干飲むのに勇気がいります。

ちなみに味はココナッツに似ていて意外といけました。

ただ売ってるおばちゃんの説明がスペイン語なので原材料などは一切不明です。

 

f:id:MAROU:20170729122417j:image

こちらはよくわからないまま40ペソの入場料を払って潜入したイベント。

音楽祭的なものかと思っていたのですが…


f:id:MAROU:20170729122550j:image

f:id:MAROU:20170729122623j:image
f:id:MAROU:20170729122644j:image

メスカルというお酒のイベントでした(笑)

メスカルはウィスキーみたいな感じでそのまま飲むとかなり強いのですが、ストレートのまま試飲をたくさん勧められて少し酔いました。

美味しいんですけどね。

 

オアハカは露店以外にもお洒落なお店が立ち並び、お祭り抜きにしても素敵な街でした。


f:id:MAROU:20170729123321j:image

お洒落カフェ。


f:id:MAROU:20170729123423j:image

お洒落な本屋さん。


f:id:MAROU:20170729123623j:image

素晴らしかったサントドミンゴ教会。5分で出たけど。


f:id:MAROU:20170729123808j:image

わーお。

 

そしてオアハカに来てから知った、世界遺産モンテアルバンの遺跡。

これがなかなか良かったです。


f:id:MAROU:20170729124351j:image
f:id:MAROU:20170729124122j:image
f:id:MAROU:20170729124225j:image

「空中都市」というと誰もがペルーのマチュピチュ遺跡を連想すると思いますが、行った感想としてはここもなかなかの空中都市っぷりで、テオティワカンと違って全く期待を抱いていなかった分、けっこう「おー!」っとなりました。

まぁこの近くの小さな遺跡と合わせて合計30kmも走ったからというのもあるんですけどね。

 

そしてこの日、すごいものを見ました。

モンテアルバンに向かって山を走っている途中、一瞬辺りが暗くなったので、太陽が雲で隠れたのかな?と思って空を見上げると…


f:id:MAROU:20170729124926j:image
f:id:MAROU:20170729124832j:image

 

なんと太陽の回りにぐるっと一周虹が!!

カメラがスマホなので一周全て入りきらないのが残念ですが、こんなの初めて見ました。

ちなみに一瞬辺りが暗くなったのは、飛行機が太陽の真下を通ったからでしたが、それがなければほぼ間違いなく空を見上げてなかったでしょうし、走っていなければまず気づかなかった出来事です。

ちなみにちなみに普通街からモンテアルバンへは、バスツアーかタクシーで行くので、この日この虹を見た人はかなり少ないと思われます。

モンテアルバンに着いたときはもう虹は消えてたし。

①車やバスでは見れないものが見れる②安上がり③トレーニングになる、の、一石三鳥になる旅ランというスタイルは僕にとても合っているようです。

 

そんな天国のような日々を過ごしたオアハカの最終日、一気に地獄を見ることに。

前の日に丘の上から見た街の景色が素晴らしく、肉眼で確認できるだけでもかなりの数のトレイルが確認できました。


f:id:MAROU:20170729125841j:image

何本ものトレイルが雲に隠れたあの山の頂へ伸びている。

 

こんなトレイルを見てウズウズが止まらないのは他のトレイルランナーも同じ、はず。

ということでオアハカ最終日、あの山へ行こうと思ったのですが、朝食後から何かお腹の様子がおかしい…

食べてから3時間以上経ってもお腹が張ってまったく消化している感じが、ない。

山の中腹まで行ったとき、体調がベストだったらあと2時間もかからず山頂まで行ける距離でしたが、気持ち悪さで引き返すことに。


f:id:MAROU:20170729130646j:image

行きたかった山頂がこの日ははっきり見えていた。


f:id:MAROU:20170729130809j:image

急に現れたロバ?の親子。

 

街の公園のベンチで休んでいましたが、気持ち悪さは酷くなるばかり。

「吐いたら楽になるかなー」なんて思っていると本当に吐き気が襲ってきてついに…

やはり朝食べたものをまったく消化していなかったようで、大量にリバース(食前食後の方、すみません。)

宿に戻り、ガスター10を飲むも再度…

しかもこの日は夜行バスで次の街サンクリストバルに向かう予定になっており、バス移動11時間大丈夫か?とかなり不安になる。

バスではなんとか耐えたものの、結局翌日サンクリストバルでも街の路地でリバース×2回(綺麗な街に申し訳ない…)

 まったく原因が不明ですが、とりあえず今はほぼ復活したので大丈夫です。

でもこういうとき日本だったら、お粥とかうどんとか、胃に優しいものがあるのになぁと、日本が恋しくなりました。

と言いつつまだまだ旅を楽しんでますけどね。

 

そしてなんとこの記事を書いている今、オアハカの宿で同部屋だった外国人が、サンクリで僕の泊まっている宿にチェックインしてきてびっくり!

 

さてそんなこんなで色々あったオアハカですが、次回はその最高のオアハカを凌ぐほどの素敵な街、サンクリストバル・デ・ラスカサスの魅力をお伝えします!

 

それではまた!

See you soon!!


f:id:MAROU:20170729133100j:image

旅ブログ~メキシコ編②~

Hey guys!!

 

突然ですが、これは何の施設でしょーかっ?

f:id:MAROU:20170724131154j:image

そうです!図書館です!簡単ですね!

ではこれは?

 
f:id:MAROU:20170724131222j:image
f:id:MAROU:20170724131241j:image

はいそうです!一目瞭然ですね!郵便局です!

ではこれはなんでしょう?


f:id:MAROU:20170724131415j:image

誰が見ても分かりますね!

メキシコのスーパーの野菜コーナーに売っているサボテンどーも僕です。

 

とりあえず今いるオアハカという街が最高すぎるのですが、その前にグアナファト以降のことを。

 

元々は予定になかったのですが、友人のお薦めでメキシコシティに向かう途中、サンミゲル・デ・アジェンデという街に寄りました。

有名な教会がとても美しく、夜のライトアップが特に素晴らしいらしいのですが、残念ながら時間の関係で今回は昼間だけ。


f:id:MAROU:20170725111622j:image

それでもこの通り、とても綺麗な教会を見ることができました。


f:id:MAROU:20170725111917j:image

市内バスも可愛い。


f:id:MAROU:20170725120122j:image

メキシコは標高が高い街が多く、日陰に入るだけでだいぶ涼しい。

 

サンミゲルでは可愛いお土産屋さんもたくさん並んでいました。


f:id:MAROU:20170725112216j:image

メキシコと言えばこれ。


f:id:MAROU:20170725112412j:image

めっちゃ可愛いランプがいっぱい売ってた。あとなぜか鳥かごも。


f:id:MAROU:20170725112515j:image

たまたま立ち寄った無料の美術館。

 

約4時間ほどのわずかな滞在でしたが、来て良かったですサンミゲル。

これから行く人はぜひ1泊することをお薦めします。

ちなみにサンミゲル散策中に、陽気なおじさんに「お前ハポネス(日本人)か!?俺と一緒に写真撮ってくれ!」と言われ、なぜかおじさんのスマホで2ショット写真を撮りました。ハポネス人気なのかな?

そしてサンミゲルからバスで約4時間。

メキシコ最大の都市、メキシコシティへ。

まずメキシコシティに着いたときの印象は、めちゃくちゃ都会。

特に僕の場合、グアナファトやサンミゲルと言った、割と小さな街に行った後だったので、東京より都会なんじゃないかってぐらい都会に感じました。

ただ、高層ビルが立ち並んでいたり、高級そうなレストランがあったりする一方で、かなり歴史を感じる建物が混在しているところが良い味出してます。


f:id:MAROU:20170725113252j:image
f:id:MAROU:20170725113359j:image

メキシコシティと言えば、主な観光スポットに、国立人類学博物館、テオティワカン遺跡(こちらは市内からバスで1時間)があります。というわけでもちろん行ってきました。


f:id:MAROU:20170725113704j:image

かの有名なアレ。


f:id:MAROU:20170725113943j:image

テオティワカンではメキシコ人?の学生風な子達に「日本人?写真撮って!」と、サンミゲルのおっさんに続き、ここでもハポネス人気。

ま、この2回だけですけど、今のところ。


f:id:MAROU:20170725114420j:image

太陽(SOL)のピラミッドから見た月(LUNA)のピラミッドと、死者の大通り。


f:id:MAROU:20170725114609j:image

こちらはLUNAから見たSOL。ピラミッドとしてはSOLの方が大きいのに、配置的には大通りの終着点にLUNA、大通りの途中で横にSOLがあるのが興味深い。

 

世界遺産であり、世界3大ピラミッドの1つでもあるテオティワカンに行けたことはとても良かったのですが、正直な感想を言ってしまうとカンボジアアンコールワットの方が全然良かったです。

まぁ年代的にテオティワカンの方がアンコールワットより1400年も前なので、仕方がないと言えば仕方がないのですが…

 

あと、実はテオティワカンで、驚くべき偶然(と言っても旅では偶然の連続なのだが)が起こっていました。

テオティワカン前日、メキシコ入国からグアナファトまでの43時間のバスで一緒だった、日本人の若者「まーしー」とメキシコシティのバーで呑んだのですが、その翌日、2人は特に合わせた訳でもなく、それぞれテオティワカン行きのバスに乗り、2人とも降りるべき場所を寝過ごし、テオティワカンに戻るために逆方向のバスに乗り直し、そのバスで再会、というなんとも月9のドラマチックな展開で結局この日も一緒にテオティワカンを見学し、そのまま夜もまた呑みました(笑)


f:id:MAROU:20170725120246j:image

まーしー。このプルケって酒が美味すぎて呑みまくった。

 

旅ではこんな偶然はよく起こるものですが、それにしてもどんな確率だよっていうね。

 

 メキシコシティでは規模が桁違いの、というかむしろ業者向けのメルカド(市場)にも行きました。


f:id:MAROU:20170725120518j:image
f:id:MAROU:20170725120541j:image
f:id:MAROU:20170725120722j:image
f:id:MAROU:20170725120620j:image

もはやカオス過ぎて意味不明でした。

正体不明のもの、何に使うのか見当もつかないもの、今まで嗅いだことのない匂いを放つものなど、メルカドの概念を覆す異次元のメルカドでした。

唯一買ったのは、メキシコなら割とどこでも売ってるカップマンゴー。


f:id:MAROU:20170725121034j:image

軽く1個分以上入って12ペソ(約75円)

 

前回のブログでも書いた通り、メキシコの物価は思っていたよりは安くないのですが、マンゴーの物価だけは異常に安く、多分全ての果物の中でもトップクラスに安いです。

市場で1kg買っても100円切ります。

 

あともう1ヶ所、個人的に行ってみたかった場所が実はメキシコシティにありまして、それは冒頭の写真の図書館なんですが、この図書館、「世界の美しい図書館5選」にも選ばれている図書館なんですね。

その図書館でもやはりジャパニーズマンガ&アニメの人気は高いようで、


f:id:MAROU:20170725123025j:image

大人気忍者マンガ「NARUTO」のDVDは全て貸し出し済み。

ジャパニーズマンガと言ってももちろんスペイン語な訳ですが…


f:id:MAROU:20170725123226j:image

なぜか「リベロの武田」だけは日本語版が貸し出されていて少し笑ってしまいました。

そしてメキシコ人向け日本語のテキストももちろんあったのですが、その内容が酷いもので…


f:id:MAROU:20170725123522j:image

いや、こんな日本語日本人でも使わねーし。


f:id:MAROU:20170725123624j:image
ちょ、マジなんなんwww

 

図書館で一人ニヤニヤしてしまいました。

 

さて次回は4泊したメキシコシティを離れ、今いるオアハカという最高の街の記事を更新したいと思います。

 

ちなみに、各街間の移動についての詳細(バス会社やバスターミナルの場所、料金や移動時間など)は来年日本に帰ってからまとめる予定ですが、もしこれからメキシコ行きを検討されている方で、「来年まで待てない!」という方がいらっしゃいましたら、コメント欄やFacebookにて質問いただければお答えします。

(メキシコの記事は2017年7月現在のものです。)

 

それではまた!

See you soon!!


f:id:MAROU:20170725122538j:image